10月17日(日)、Nroom artspaceから徒歩10分の大泉第二小学校の地区祭にお声をかけて頂いて、
ワークショップとNroom関連作家・練馬在住の作家さんを中心とした展示で参加してきました。

Nroomは、練馬区の静かな住宅街の一角に位置する、小さな隠れ家的?お家ギャラリーです。
近隣には、小さいお子さんをお持ちのファミリー世帯がたくさん住まわれています。
日本では現代アートというと、とかく世間からは、分かりづらいとか難しいと思われたり敷居が高いというイメージを持たれがちで、
ごく狭いアート関係者の範囲でまわっている感もありますが、このような機会をきっかけに、一般の方やお子さんにもアートに親しむ
機会を持ってもらい、アートを身近に感じてもらいたいという思いを込めて、参加してみました!



Nroomがあてがわれたスペースは、体育館です。体育館内では、書道やステンドグラスなど、7つの団体が展示をしていました。
今回私達は、似顔絵、作家と子供達で一緒に描くライブペインティング、作品展示、段ボールで作る大きなお家をやってみました。
お手伝いしてくれたのは、Nroom関係の作家、今回のイベントのために集まってくださった一般の方、学生さんなど総勢約15名です。

↓看板




今回は、主催者側の方に似顔絵を依頼されました。イベントの趣旨上販売はしないので、皆さんボランティアでの参加です。
左は今年5月に、個展をしてくださった貝原さんです。可愛らしい女の子の絵を描かれます。
右は、Nroomのご近所にお住まいのプロのアニメーターの清水さんです。ちなみに大泉学園はアニメの街で、アニメ産業が盛んです。
ひとりを描くのに15分という制約の中で、素敵な似顔絵を描いてくださって大好評でした。
実際には大変だったでしょうに、始終笑顔で子供達に接してくださって、楽しくよい経験が出来ましたとおっしゃってくださいました。
さすがプロですね。

  


今回は12月に個展をしてもらうナカノ彩さん提案で、子供と作家が一緒に描くライブペインティングもやってみました。
写真は今回アシスタントをしてくださったナカノさんのお友達です。
1000本の線をかこう!というワークショップでしたが、実際何本かいたんでしょうね・・?




Nroom関係作家や、練馬区在住作家を中心とした展示です。


そして、段ボールを使ったお家づくりです!
イベントの前日に段ボールでお家を作っておいて、当日は子供達に飾り付けをしてもらいました。
お家の中に入って遊ぶ子、飾り用の工作を熱心に作る子、それぞれが自分のペースで楽しんでくれていました。
最後の写真は、スパークリングワインのコルクを使ったお人形です。お家のところどころに、コルク人形がちょこんと立ってます。
コルクは銀座のワインバーの方と、地元のお酒好きな?写真家さんに譲って頂きました。ご協力感謝します。


     


今回主催側の方にも、とても賑やかでよかったと喜んで頂けて、ご協力頂いた皆さんのおかげでよいワークショップとなりました。
今後もさらに、大泉や練馬の方々にアートに触れ合ってもらえる機会を作っていけたらと思います。。。

                                             

Top