2011年1月24(月)-1月30日(日)

阿部起任 個展
-+1人称-

開廊日:13:00−19:00(最終日は17:00まで) 会期中無休
金曜日は21:00までオープン
1月28日(金)17:00からささやかなパーティーを致します



    

阿部起任略歴

1973年 大分県生まれ
1998年 早稲田大学社会科学部社会科学科卒業
卒業後TV-CM制作会社にて働く、その後退社

2001年 セツモードセミナー入学
2006年 セツモードセミナー修了

2002年 雑誌「イラストレーション」第125回チョイス入選
    グループ展「キリンかるた」参加
2004年 個展「セツ展月光荘賞受賞記念阿部起任個展」銀座月光荘にて開催
     グループ展「セツ展受賞者20人の展覧会」参加  
2006年 GEISAI#10にてスカウト審査「ステディスタディ賞」受賞
2007年 アメリカ合衆国 N.Y.  Agora Gallery主催       
2007 Chelsea International Fine Art Competition入選
   (審査/Tina Kukielski, senior curatorial assistant at the Whitney Museum, New York City)2007年 「吉祥寺アパートメント」グループ展参加
2007年 NY Agora Galleryにてグループ展参加
2007年 amuse art jam 2007 in 京都 グランプリ部門1次審査通過                      京都文化博物館にてグループ展参加 2008年3月/雑誌「エスクワイア」主催               「esquire cafe」参加。青山のカフェにて作品展示
2008年 シンジュク・アート・インフィニティー入選  新宿丸井工事現場壁面にて作品展示
2008年 「吉祥寺アパートメント」グループ展参加
2009年 Zuishouji Art Projects参加  白金 瑞聖寺にて個展「阿部起任作品展」開催
2010年 カナダ、ヴァンクーバー RUFUS LIN GALLERY にて作品展示


1973年に私は九州に生まれました。
高度成長に沸き立ち、誰もが「明るい未来」を信じている街で私は育ちました。幼かった私も同じ。未来は確実に明るく、希望に満ちているものであると何の根拠もなく信じ、育ってきました。未来は確実に現在よりも良く、そこには必ず「楽園」があると信じて成長してきました。  
しかし、現在。

けたたましい音をあげながら操業していた工場は閉鎖され、賑わっていた商店は閉じられ、人々は去り、「明るかったはずの未来の残骸」が故郷の街にはあふれています。また、一見すると華やかですが、私の想像していた「明るい未来」とはかけ離れた、どうしても違和感を感じてしまう、現在の東京の風景にも私は「明るかったはずの未来の残骸」を感じてしまいます。 そんな「明るかったはずの未来の残骸」を故郷や東京の風景を通じて作品としました 。そして今考える「これからの未来」。
「これからの未来」は「二人称」でも「三人称」でもなく、各々の人々の中の「私自身」つまり「一人称」の中に存在するのではないでしょうか?  私が幼いころ夢見た「明るい未来」は誰かの「明るい未来」の焼き直しでした。そんな「ニ人称」、「三人称」で語られることのない、「一人称」の未来を表現するために、作品の中に「自分自身をうつすもの」つまり「鏡」を散りばめました。そして、作品を見る人々が映り込み、見る人々、時間、場所によって全く異なる「一人称」を作品の中に入れ込むことにより、一度として同じ状態のない作品をつくりました。「明るかったはずの未来の残骸」と「これからの未来」を入れ込んだ、一度として同じ状態のない作品。これが今回の展示のコンセプトです。


Top